頭皮の健康を維持するために欠かせないこととは?

年齢とともに私たちの頭皮も老化の兆候が見えるようになってきます。わかりやすい老化現象と言えば、抜け毛で合ったり、薄毛があります。加齢に関わらず、頭皮の状態が悪くなることで、抜け毛や薄毛の現象が現れたり、髪がパサついたり、頭皮のかゆみや乾燥、頭皮の色にも変化があります。頭皮の健康を維持するためには一体どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。まず、自分の頭皮の健康状態を把握することからはじめましょう。健康な頭皮は青白い色をしています。これが正常な状態ですが、もし頭皮の色が赤色、ピンク、黄色や白色をしていたら注意が必要です。特に注意をしなければならないのは、頭皮が赤色やピンクになっている時です。これは、紫外線によるダメージを受けた状態であったり、頭皮が炎症を起こしています。強いかゆみがあったり、症状が酷い時は医療機関で診てもらうことが必要になりますが、普段から自分でできるセルフケアとしては、シャンプーやリンス、トリートメントを見直して、髪や地肌により優しいものを選ぶようにする、シャンプーをしたらシャンプー剤が地肌に残らないようにしっかりすすぐようにする、ゴシゴシ洗いをしないようにして、頭皮をマッサージするように指の腹で優しく洗うようにする、シャンプーをしたらそのまま放置せず、髪を乾かすようにするなど、気をつけるべきことがあります。髪の洗いすぎは頭皮から必要な油分まで洗い流してしまうため、一日に何度もシャンプーすることは避けるべきですが、逆に何日も髪を洗わないでいると頭皮に汚れが溜まってしまい、頭皮の健康状態が悪化してしまいます。一日一回シャンプーをして頭皮や髪に溜まった汚れをしっかり落とすことも頭皮の健康のためには必要なことです。その他にも、食生活を見直して油っこいものを控え目にする、野菜を中心としたバランスの良い食生活を意識することも大切です。睡眠不足も頭皮の健康状態に影響を及ぼすため、毎日しっかりと睡眠をとることを心がけるようにしましょう。